CJ Column

コラム

Amazon Translateの利用価値

世界中の55%の人が母国語でWeb Serviceを利用しています。
また、アメリカのカリフォルニアでは、自宅では英語以外の言語で会話している家庭が全体の40%以上に達しているようです(AWS San Francisco Summit 2018より)。日本でも社会が変わってきており、外国人比率の高い地域も出てきていますし、外国語での会話を耳にする機会もあると思われます。こうした中でWeb Serviceが多言語環境で利用していけるようになることは、便利になるだけでなく社会的にも価値あるものとなるのではないでしょうか。

・Amazon Translate
Amazon Web Serviceでの使用のために提供されているようですが、単に分かればいいといった言語切り替えのレベルから言語間を自然なコミュニケーションで横断するためにニューラル機械翻訳をベースとしています。

・Amazon Polly
テキストの読み上げを行うサービスですが、Amazon Translateにより人間の声に近い音声に加え複数の言語での情報発信が可能となるわけです。

・Amazon Alex 
マイクロソフトの「Cortana」、アップルの「Siri」、グーグルの「Google Assistant」も同様ですが、音声会話認識に機械翻訳が加わることで複数言語でのコミュニケーションの場面で有効なインターフェイスとなっていくことでしょう。

サービスのユーザビリティが向上していくにつれて、こうした「言語の壁」もテクノロジーによって乗り越えられています。
社会での言語環境は大きく変わっていきそうです。

Y.Y   コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。