CJ Column

コラム

富士山の近くに未来の都市が立ち上がる?

トヨタは自動車で有名です。しかし、同社は、AI、ロボット工学などの高度な研究開発も行っています。
トヨタは、富士山の近くに完全に持続可能なスマートシティを建設すると発表しました。
「Woven City」は、太陽エネルギー、地熱エネルギー、水素エネルギーを動力源とします。

Woven Cityでは、CO2ゼロエミッションの自動運転車のみが許可されます。これには、Toyota LQ、e-Palette、マイクロパレットなどのトヨタモビリティソリューションが含まれます。住民は自転車や電動スクーターにも乗るでしょう。
高速車両用の道路、マイクロ車両用の遊歩道、歩行者用の線形公園が整備される予定です。

約2,000人の住人がWoven Cityに住み、働きます。
彼らの日常生活は高度なAIテクノロジーによってサポートされます。
たとえば、食料品の配達、洗濯物の受け取り、ゴミの処理は自動的に行われます。
トヨタHSRロボットは、高齢者や障害者を支援します。

人から車両、建物に至るまで、すべてがデータとセンサーによって接続されます。
そのため、研究者は将来の都市向けに高度な新技術をテストし、完成させることができます。

 

Woven Cityの建設は2021年に開始されます。
ライフスタイルは非常に便利で、富士山の眺めは壮観です。あなたは、Woven Cityに住みたいですか?

J.M  アメリカ人コピーライター

コラム一覧に戻る
シトラスジャパン チラシ・フライヤー デザインサービス

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。