CJ Column

コラム

広東語を学びましょう〜香港映画10選〜 Part.2

どんどん寒くなって、お出かけしたくなくなる時期になってきましたね。
こんな寒い時期は、やはり家で映画を観るのが最適です!前回は5部香港映画を紹介しましたが、今回は残りの5部をご紹介します。

 

1)誰がための日々一念無明)/2017年

https://movies.yahoo.co.jp/movie/366340/

近年の話題作、重い雰囲気の中、香港社会問題を巡った話です。主役の一つのエリック・ツァンは香港電影金像奨の最優秀主演男優賞や台湾代表的な金馬奨の最優秀助演男優賞を受賞したことあり、香港昔のコメディー映画も多数出演したことあります。

 

2)私たちが飛べる日哪一天我們會飛/2015年

https://en.wikipedia.org/wiki/She_Remembers,_He_Forgets

皆さま、子供頃の夢は実現しましたか?それともすでに諦めましたか?大人の葛藤についてと初心を取り戻す話です。力をもらえるかもしれません。

 

3)花様年華(花樣年華)/2001年

https://movies.yahoo.co.jp/movie/233751/

恋する惑星のウォン・カーウァイ監督の作品です。舞台は60年代の香港で、昔の香港を感じられる作品です。雰囲気はとてもユニークで、深い印象を残ります。この作品でもとても有名で、各映画祭で多数受賞しました。

 

4)チャウ・シンチーの熱血弁護士(審死官)/1992年

https://en.wikipedia.org/wiki/Justice,_My_Foot!

香港で有名なコメディアンのチャウ・シンチーが主演の映画です。チャウ・シンチーは中華圏でとても人気で、彼の作品中の名言はいつも「meme」(ミーム)としてネットで使われていて、テレビで再放送することもとても多いです。こちらは彼の作品中の一ついい評価をもらう作品です。

 

5)男たちの挽歌(英雄本色)/1987年

https://movies.yahoo.co.jp/movie/3694/

ジョン・ウー監督の代表作です。主演のチョウ・ユンファがこの映画で大きな人気を得て、香港代表的な俳優になりました。香港電影金像奨最優秀作品賞・最優秀主演男優賞台湾の金馬奨最優秀監督賞を受賞し、アジア各地で大ヒットしました。インド・韓国でもこの作品をリメイクしたことがあります。

 

以上、2回に分けて香港映画のお勧めをご紹介してきましたが、気になる映画はありましたか?
ぜひ映画を通じて、広東語に触れてみてくださいね。

S.R  香港人Webデザイナー

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。