CJ Column

コラム

Simplified Technical English Vol.1 ~誰にでも伝わる英語(STE)にはルールが必要~


言葉の違う国の人とのコミュニケーションで大事なことは、誤解なく伝えることに尽きます。
しかし、誰もが1つの母国語を持ちその言語で生活している以上、ミスコミュニケーションも生まれてきます。第2、第3言語として外国の言葉を学んだとしても文化や歴史を含めた理解が難しいことも多いのが現実です。

世界中の地域へ向けて情報発信を行う際に、誤解されることなく目的を遂行することは必須課題です。
これからの時代は、各国の言語を理解した人工知能が通訳を行う時代なので、コミュニケーションも格段にスムーズなものになっていくに違いありませんが、過去の時代はどうだったのでしょうか。

 

世界の多くの国々で、英語は共通言語として使用されています。
コミュニケーションのために使われていた英語が、Simplified Englishと呼ばれるものでした。後に、市場や経済がグローバル化していく中で、ドキュメントのライティングスタイル等に利用されていきましたが、そこでのエッセンスとなるものは、英語が母国語でない人たちに対して正しく、誤解なく言葉を伝えるということです。フランス語やアラビア語を母国語とする人たちが購入した製品を指示通りに動かしているにも関わらず事故につながってしまったり、生産ラインが動かなくなってしまったり、こうしたことを回避させることを目的にした文章の書き方は、過去にも模索されていたのです。

 

Simplified Technical English (STE)の目的は、非ネイティブに対しても正しく内容を伝えられることにあります。
その歴史は1930年代に使用されたBasic Englishに遡ります。これは旧英国領の国々での国際貿易でのコミュニケーションを目的とされました。この英語は、アジア圏などでの初級の英語学習レベル程度と言える、850ワードの単語で文法もシンプルに制限したものでした。言語のもつコミュニケーション、情報伝達手段の側面に焦点をあてた、つまり実用的手段としてルールを決めたライティングスタイルを用いたスタイルが、シンプリファイドテクニカルイングリッシュ (STE)です。

次回のコラムで、STEの興味深い歴史について書いてみたいと思います。
お楽しみに。

Y.Y   コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。