CJ Column

コラム

Contact us…本当に?(前編)英語のお問い合わせフォームを作るとき考えるべきこと

お問い合わせフォームによくみられるユーザビリティ関連の間違いとしてResetボタンが挙げられます。

アメリカのWebユーザビリティの世界では15年以上前から例外的な状況を除き、Resetボタンを設置しないことが勧められています。

 

理由は単純で「必要ない」からです。

 

インターネットの利用が一般的になった現在において、Backボタンの存在を知らない人はほぼおらず、わざわざボタンを設置しなくても困ることはありません。自分自身の経験を振り返っても、Resetボタンが必要になったことはありません。

それより、面倒な入力を行った後、最後に間違ってResetを押したときのダメージを考えると、設置を正当化することが難しいのです。
ですから、お勧めはSendボタン一つにすることです。
もちろん、ここではSendと言っていますが、別にSubmitでもConfirmでもTransmitでも、そこはサイトによって変わって構いません。


反対にResetの方は、ClearやCancelなど他の名称にしてもダメです。名称を変えても問題はなくならないので、削除しましょう。

ちなみに、Resetボタンが正当化される特殊な状況と言うのは、同一のユーザーが何度も繰り返し頻繁に同じフォームに書き込むことが想定されていて、しかも毎回記載事項が大幅に変わるときだけです。イントラネットではありそうですが、一般的なウェブサイトでは、まずありえないことでしょうね。

T.N  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。