CJ Column

コラム

多言語Webサイトのローカライズと検証方法

ローカライズとは何でしょうか?
正しくは、Webサイトやカタログなど、あらかじめ国内の言語で作成されたツールを、海外の文化や習慣の違いに合わせて改修を行うことを指します。

たとえば、映画館で洋画をご覧になっているとき。オープニングでスクリーンに映し出されたタイトルが邦題と全く異なることにびっくりした、そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。原題では伝わりづらい表現を日本人の感覚に合わせてアレンジする―ビジネスツールのローカライズも考え方の基本は同じです。

多言語Webサイトのローカライズでは、単純にテキストを翻訳するだけでなく、何が現地のユーザーに刺さるのか、さまざまな角度から仮説を立て、施策を組み合わせて最適化を行います。その検証には本来、ユーザビリティテスト※を実施するのが望ましいのですが、
近郊に在住で尚かつテストの選定基準(年齢や性別等の条件)を満たしたネイティブユーザーを一定数集め、さらに参加者と直接コミュニケーションができる進行役もコーディネートするとなると……現実的になかなかハードルが高く、頭を悩ませている企業担当者の方は(私たちも含め)非常に多いのではないでしょうか?

MS251_ahirushinbun_TP_V1

では、Webサイトが本当に正しくローカライズされているかを検証するにはどうすればよいのでしょう?
答えは非常にシンプルです。
それは、対象国で配信されている現地の企業が制作した同業他社のWebサイトを見ることです。当然ですが、彼らは現地ユーザーの好みや考え方、行動の癖を熟知しています。これらのサイトからは

・好まれる色、イメージ画像やモチーフ
・文章のテイストやボリューム
・コンバージョンへの導線設計

など、ローカライズの検証に有益な情報を数多く読み取ることができるでしょう。
施策に何が不足しているのか、何が間違っているのかを見極めるための指針となってくれるはずです。

当社には、ネイティブスタッフやバイリンガルのコーディネーターがおりますので、正しいローカライズ対応が可能です。

※ユーザビリティテストとは、実際にターゲットとなるユーザーにサイトを操作してもらい、サイト上のどこで、どのような行動をとるのかを検証することで課題を発見し、改善につなげる手法を指す

Y.N   コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。