CJ Column

コラム

タイ語DTPの問題点と注意ポイント

前回のコラムでモリサワのタイ語フォントについて書きましたが、もう一つ留意しなければならない点があります。

 

MORISAWA PASSPORT 英中韓組版ルールブックによると、「フォントに問題がなくてもアプリケーションがサポートしていなければ、なんらかの問題が生じるかもしれない」ということです。「いずれにせよ、アプリケーションが公式にタイ語をサポートしていない以上、組版の際には正しく組むことができているか、ネイティブチェックを行なうとよいでしょう。」と記載されていました。

 

たしかに、最終的には言語のわかる人にチェックしてもらわないと正しく流し込んだかの確証は得られないのは事実です。「Adobe InDesignは、基本的にタイ語向けの組版機能を備えていないので、最低限の設定で流し込みを行ない、目視で確認していくかたちになります。」とも言われていますので、薄氷を踏む思いで作業していくことになります。

タイ語の声調記号は4つありますが、日本語DTP環境での扱いでは、どうもその位置がずれてしまうことが多く発生しているようです。この点をセルフチェックすることで主なミスは防いでいけます。

 

実際にDTPでタイ語を組んだ後は、セルフチェックだけでは見逃してしまうミスを避けるため、ネイティブチェックを必ず入れています。自分自身で組めるようになったからといっても、単純ミスや翻訳自体のミスを再確認する意味で第三者に確認してもらうのは重要。侮らず、時間がない仕事のときこそ、必ずチェックをいれましょう。

Y.Y  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。