CJ Column

コラム

タイ語の文字化けを見つけるポイントは?

タイ語のDTPを行う際に、信頼性の高いタイ語フォントを使用していれば文字化けはないと当初考えていたのですが、実際文字化けが生じ気づかないことがありました。下記がその例ですが、一見するとわからない人がほとんどかと思います。

文字化けはこの部分です。↓

正しい表記はこうなります。↓

記号のようなものが浮いていないのが正しい表記で、タイ語では文字化けです。
最初はフォントの問題かと考えたので、日本語DTP環境での多言語使用で信頼のおけそうなフォントに変更して解消しようとしてみました。

 

タイ語に翻訳したWebサイトや冊子をつくる際、どのフォントを使うのが安全か先ず考えるかですが、日本国内で制作する立場としてはモリサワのパスポート(MORISAWA PASSPORT)を使おうと考える方が多いのではないでしょうか。実際、他のフォントを使用していることと国内DTPではメジャー企業であることから使ってみました。使い方は、「MORISAWA PASSPORT 英中韓組版ルールブック」のタイ語ページを参照します。

アプリケーションはInDesignとIllustratorを使うので、「文字セットとアプリケーションの対応」に沿って設定してみました。
「Illustrator は「 欧文合字」のチェックを入れることで、InDesignでは「多言語対応段落コンポーザー」にすることで正しい位置に配置されます」との説明があったので、こちらも記載通りに指定。

 

解決はしましたが、なかなか気づかない文字化けです。
多言語の運用経験が少ないと文字化けしたまま納品してしまっていたかもしれません。タイ語の場合、こうした文字化けが生じていないか注意深く確認してみてください。

 

Y.Y  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。