CJ Column

コラム

Contact us…本当に?(後編)英語のお問い合わせフォームを作る際、考えるべきこと

日本の英語サイト

前回、英語圏でのお問い合わせフォーム作成に関する研究についてお話ししました。
しかし、日本人の作る英語サイトの問題はさらに根が深いです。
あえてURLはつけませんが、下の画像は実在するウェブサイトのお問い合わせフォームです。何が問題か分かりますか?
 

前回お話ししたように、リセットボタンが存在することも問題ですが、そこだけではありません。

.

..

...

....

.....

......

答えは、英語サイトなのにボタンが日本語で書かれていることです。
英語しか読めない人がボタンを押す際に日本語のボタンを押すわけです。
こんなことをするなら、まだブランクボタンを設置して、押したらランダムで送信されたりリセットされたりした方が親切な気がしてしまいます。

ちなみに、フォームをまたいで上の方に日本語の「リセット」や「キャンセル」の意味が書かれています。
せめて、ボタンの横に書けばいいのにとか、こんな説明文を書く暇があればボタンを英語にすればいいのに、と考えてしまします。

ここまで来ると、英語で問い合わせが来てほしくないから、わざとリセットボタンを押させて、問い合わせが来ないようにしているのでは、と勘ぐってしまいます。

本当はそのような意図はないと思いますが、問い合わせが欲しいなら不要なResetボタンは削除しましょう。
そして、もし問い合わせが来てほしくないなら、問い合わせフォーム自体を削除したほうが、Resetで苛立つクレーマーを作るよりいいのではないかと思います。

T.N  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。