CJ Column

コラム

えっ?ロイヤルティフリーだから何に使ってもいいでしょ?

自社のWEBサイトやパンフレットなどの販促資材を作る際に使用したい画像をストックフォトサービスから利用している方も多いと思います。

写真を購入する際にデザイナーや制作スタッフから「この写真はロイヤルティフリーです。」と聞いて
「権利処理がされているから独占的に自由に何にでも使用して問題ない。」と思っていませんか?

 例えば自社カタログに掲載した写真が良かったので追加で配布用カレンダーにも使用してしまったことはありませんか?
その行為は利用規約違反になる可能性がゼロではありません。

 GREEN_KA20140125_TP_V

一般的に「ロイヤルティフリー」とは、各ストックフォトサービスの定められた使用許諾規約の範囲内で、画像を使用する権利を1度購入すれば、利用回数、使用地域・使用期限に制限がなく、複数の媒体に利用可能で追加使用料が発生しないという意味です。

つまり初めに利用する権利を購入すれば、本来であれば毎回は払わなければならない使用料(ロイヤルティ)が無料(フリー)になっているという意味なのです。

 購入した画像の「使用許諾規約の範囲内」が自社カタログ掲載目的のみだった場合は、無断で配布用カレンダーなどに追加使用することは原則としてできません。またその場合、使用に際しては、別途ライセンス料が発生する可能性があります。

 「ロイヤルティフリー」とは「著作権フリー」と同じではありません。
著作権はあくまでも画像を撮影したカメラマンもしくはそれを所有する会社(ストックフォトサービス)が保持していますので、
あなたは独占利用契約できません。
従って使用条件を満たせば世界中どの国でも同じ画像を別の使用用途で使われる可能性もあるわけです。
つまりあなたの同業他社が同じ画像を使用する事も可能なのです。

 画像を自社で独占利用契約したい場合は「ライツマネージ」を利用します。
ライツマネージは画像の使用回ごとに用途に応じて使用料金を計算し、使用許諾を結ぶ形を取ります。
そのため、使用履歴が管理されるので、画像を特定の業種で一定期間、一定地域で独占的に使用することが可能になります。

こういった画像のライセンス体系と使用条件は各ストックフォトサービスによって異なります。
利用する際の条件の確認は、デザイナーなどに任せずにあなたがしっかり確認しましょう。

 例えば
「デザイン会社などが購入した場合のクライアント使用者としての「ライセンシー」(代理権限等)を確認しているか」
「商用利用はできるのか」
「画像の第三者利用はできるのか」
「表示・再生回数や印刷枚数の制限はあるのか」
といった点は、しっかりチェックした上で定められた条件と使用目的を一致させてストックフォトサービス活用したいですね。

O.M  プロデューサー

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。