CJ Column

コラム

紙媒体の制作/印刷における事故を防ぐには?〜vol.1〜

紙媒体の制作現場において、最も頭を悩ませるトラブル。
それはミスプリントによる刷り直し、いわゆる「印刷事故」ではないでしょうか。
こうした事故は、制作元だけでなく、クライアントや担当代理店、果てはエンドユーザーにまで信頼やコスト損失の影響を及ぼしてしまいます。

もちろん、ミスを起こさないための体制づくりや注意喚起の継続は重要です。しかし、DTPの黎明期以降、ワークツールやフローのデジタル化が進んだ今日においてもなお、同じようなミスが繰り返される現状に、正直手詰まりを感じている方も多いはずです。
そんな時は、少し視点を変えてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンエラー=起きるべくして発生した「仕方のないこと」として諦めるまえに、なにか有効な施策があるのでは?――このシリーズでは、事故防止への取り組みについて考察していきたいと思います。

社内チェック〜事前のコミュニケーションが大切〜

誤表記は、単純に人員やチェック時間を増やしただけでは見つかりません。

事例を挙げてみましょう。

DTPの制作では、過去のデータを流用して更新作業することが多くあります。
Aさんは作業者Bさんに「前回データを流用して修正してください」と指示をし、できあがったデータを入稿しました。
ところが後日、刷り上がりの一部にテキストの表記ミスが発見されてしまったのです。

データは前回の流用だからテキストは校正する必要がなかった筈なのに……何故?

 

実はBさん、前回データではない別のデータを流用し、さらにテキストを手打ちで修正していました。
Aさんは前回データの流用であれば、テキストのチェックは不要と強く思い込み、
一方、Bさんは前回データではなく、よりフォーマットが近い別のデータをベースにした方がラク、と判断していたのです。


これはデザイン変更とテキストの修正、どちらをベースに更新した方がより効率的かの認識にお互いズレがあったために生じた、典型的なミスです。AさんとBさんのように、お互いのコミュニケーション不足が思わぬチェック漏れの原因になる可能性もあるのです。

 

まとめ

校正にあたっては、いきなり作業に入るのではなく、修正の経緯(「テキストは手打ちした」「見出しはコピペした」など)の確認も含めて事前にお互いコミュニケーションを取り、より広い視野でチェックを行うことが誤表記を減らすコツです。

Y.N  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。