CJ Column

コラム

目に見えないけど無視できない、SEOに必要なもの

Webサイトをお持ちの方、メタタグはどのように設定されているでしょうか?
メタタグとは、Webページの情報を検索エンジンやブラウザへと伝える役目をもったタグのことです。
間違った記載をすると、検索結果にサイトが表示されなくなったり、モバイル端末でページが綺麗に表示されなくなることも有り得ます。
メタタグには、検索エンジンの動作を制御するタグ、検索結果の表示内容を制御するタグ、モバイル端末での表示方法を制御するタグなど、伝える情報によっていくつもの種類が存在します。

 

メタタグで特に有名なものに「メタディスクリプション」と「メタキーワード」があります。

 

メタディスクリプションでは、ページの概要を表すテキスト情報を伝えることができます。
こちらに記載した情報は、Googleで検索した場合の説明文として掲載される場合があります。

的確な説明を書くことで、その情報を求めている人がアクセスしやすくなることが期待できるでしょう。
メタキーワードは、そのページがどのようなキーワードで検索されるかを設定できました。
これは検索エンジンの精度が低かった頃、ページ内容から重要な単語を拾い上げることができなかったため必要とされたメタタグで、現在のGoogleでは対応されていません。主要な検索エンジンは、メタキーワードを完全に無視するため、すでに記載されているものを消さなくても問題はありませんが、新たにキーワードを考えて追加する意味はまったくありません。2018年9月時点で、Googleは10種類のメタタグに対応しており、「Googleがサポートしているメタタグ」にすべて掲載されています。

 

デザインも大切ですが、直接は目に見えないところにもSEOにとって重要な設定があります。
廃止されたものや追加されるものなど、時代によって変化するため、現在必要なタグを過不足なく設定することが大切です。どのように設定するべきか判断がつかないときは、是非シトラスジャパンにご相談ください

 

 

S.I  フロントエンドエンジニア

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。