CJ Column

コラム

翻訳依頼では、アメリカ英語/イギリス英語 どちらを使う?

日本国内で義務教育の英語を学んだ皆さんは、たぶんアメリカ英語が主流かと思います。

日本でカタカナの言語はアメリカ英語からとっている言葉も多く、アクセント問題はありますが、普通に使っているカタカナを英語に言い換えれば通じるのではないかと思います。
世界でもっとも使われている言語の英語ですので、同じ英語でも国によってまたは地域によって違うのは当然です。島国日本でも方言がありますから、広い世界で違いはいろいろあります。
同じ単語でも発音やスペルが違う、中には意味がまったく異なるものや、意味を取り違えやすい紛らわしい単語もあります。

 

イギリスやオセアニアに留学された方々は、日本に帰ってきて英語を使った際、違和感を覚えたのではないでしょうか?
ワードやGoogleメールなどのスペル修正はアメリカ英語です。イギリススペルだと赤線が出てしまいます。英語の文書を書くときは米・英の単語や表示のミックスにしないように注意しましょう。

 

シトラスジャパンでは、翻訳のご依頼の場合は、翻訳した英文を読むターゲット層をお知らせしていただければ、イギリス英語対応もお受けしております。何もリクエストがない場合は、基本アメリカ英語での翻訳となります。

 

例えば村上春樹さんのような世界的有名な小説には翻訳は英語というくくりではなく、アメリカ版、イギリス版と国別によって分けていて、英語を使う国でもターゲットによって、スペルや単語が変えられているようです。ご参考までに、若干違うスペル単語等をご紹介します。

(スペルが異なるもの)

  • …or/…our 隣人neighbor/neighbour, 港harbor/harbour
  • …er/…re 劇場theater/theatre, メートルmeter/metre
  • …se/…ce ライセンスlicense/licence, ディフェンスdefense/defence
  • …ze/…se 準備するorganize/organise, 完成させるfinalize/finalaise
  • …l…/…ll… 旅行するtraveling/travelling, ジュエリーjewelry/jewellery
  • …ll/…l   入学するenroll/enrol

(同じ単語でも意味が異なるもの)

  • bill 紙幣/伝票, first floor 1階/2階,  chipsポテトチップス/フライドポテト

 

シトラスジャパンでは、ネイティブチェック等も行っておりますので、チェックを入れたい際にもお気軽にお問合せください

 

N.K  プロデューサー

コラム一覧に戻る
シトラスジャパン チラシ・フライヤー デザインサービス

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。