CJ Column

コラム

翻訳できない世界のことば

「翻訳できない世界のことば」(エラ・フランシス・サンダース著)という本をご存知ですか?
多言語ではなかなか一言で言い表せないような、ことばばかりが集められています。

マレー語の「バナナを食べるときの所要時間」や、日本語の「積ん読」なども出てきますが、私が一番心に残った言葉はドイツ語の” KUMMERSPECK” (クンマーシュペック)。直訳すると「悲しいベーコン」、意味は「食べすぎがつづいて太ること」だそうです。たっぷりと皮下脂肪のついた体を指しているのでしょうか……


http://gahag.net/005520-woman-reading-book/

 

さて、なぜこれらの言葉は多言語に訳せないのでしょう?
それは、言語がその国の文化的背景と密接に結びついているからだと言えるでしょう。

ユーモアやことわざについても同様で、同じバックグラウンドを持つ人の間では言い得て妙なネタでも、外国人にはまったく伝わらず、説明しても理解されない、といったことと似ています。これらは、曖昧なカオスの中から意味を整理し、適切な言葉を当てはめてきた先人の知恵の結晶です。また、そういった「言葉のツボ」を押さえることが、コピーライティングでも重要です。

コピーライターは、言葉を当てはめることによって無形の概念を掘り出し、顧客の潜在的な(あるいは未だ存在していない)ニーズを引き出すプロです。(関連コラム:「「ウォーフの仮説」ってナニ?~part1言語と思考の関係性~

その言語を母国語として操るネイティブでなければ、言葉の持つニュアンスを正確には把握し切れず、人々の心に響く言葉を編み出すことも難しいでしょう。当社では、ネイティブの英文コピーライターが言葉の意味を掬い取り、再構築し、最適化を行っています。

M.S  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。