CJ Column

コラム

コピーの小さな変更は大きな違いを生む。

 

日本企業が広告やその他のコンテンツで英語の書き方が悪いと、売上や評判に悪影響を及ぼします。

 

私が英語のコピーライターとして提供する最も重要なサービスの1つは、そのような英語を、読者がお金を払いたくなるようなメッセージに変える小さな変更を加えることです。

見出し、キャッチフレーズ、スローガン、タイトル、その他の文章の問題を修正することで、最小限の労力とコストでクライアントに大きな利益をもたらし、彼らのマーケティングチームと経営幹部から感謝してもらうことができます。

一部の日本企業の広告やその他のコンテンツで英語がまずいのはなぜでしょうか?
いくつかの理由は次のとおりです。

-直訳を要求し、それが与える悪い印象に気づいていない。
日本人にアピールするコンセプトや言い回しは、必ずしも他の文化の人々にアピールするとは限りません。 日本語の直訳は外国人を混乱させたり、クライアントの意図とは逆の印象を与えたりすることがあります。 このような場合、メッセージを調整することが重要です。

-自分の文章に最小限の変更を急いで要求する。
クライアントは、時間やお金を節約するために、自分の会社の英語を話す日本人スタッフの1人に、英語のコピーを書いてもらい、ネイティブライターにそれをチェックして変更は最小限にとどめるように依頼することがあります。 でも、良い印象を与えるために、より大規模な書き直しが必要な場合があります。

-上手な英語の文章を自分たちで変えてしまう。
英語を母国語としない人が英語を書き直すとき、それは悲惨な結果をもたらす可能性があります。
これは、1語1語が重要である見出しやキャッチフレーズに特に当てはまります。

-コピーライティングの経験がほとんどないライターを使う。
プロのライティングには、習得するための経験が必要です。 英語を母国語とする人なら誰でもコピーライティングがうまくできるとは期待できません。

 

英語を母国語とする人が広告やその他のコンテンツで下手に書かれた英語を読むと、彼らはその会社はサービスや製品にも無頓着であるのではないかと疑います。
ウェブサイト、広告、その他のコンテンツで英語を再確認して、悪い印象を与えたり信頼を失ったりしないようにすることは理にかなっています。

小さな変更でも大きな違いを生むことができます。

J.M  アメリカ人コピーライター

コラム一覧に戻る
シトラスジャパン チラシ・フライヤー デザインサービス

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。