CJ Column

コラム

これってだめなの?! ~ネイティブ視点に学ぶ~

日本人は、企業のサービスや特徴が2つある場合その2つの強みを象徴する表現として
「〇〇×〇〇」
とすることがあります。
これって実は外国人からみると何を意味しているのか分からないそうです。

 例えば弊社の場合、「英語」と「Web制作」と2つのアピールポイントがあります。
これを表現するのに、日本人スタッフから
「英語×Web」
と数式スタイルそのままグラフィカルに打ち出すアイディアが上がりました。

 ところが、ネイティブスタッフから
「英語Web」
とすべきとの意見が出ました。

「×(掛ける)」ではなく「+(足す)」であり、
「×(掛ける)」という表記の仕方では「バツ」や「エックス」のように見え、ネガティブにも感じるという指摘が出て反対されたのです。
日本人の感覚では、「積」のほうが「和」より大きいため、その「相乗効果」の大きさを印象的に表現できると思い、
つい「掛ける」にしてしまいますが、ネイティブライターによると、2つ以上の要素が「合わさる」ときは「足す」であり、
「掛ける」では意味が通じないそうです。

 こういった感覚の違いは、日本人にとっては経験やノウハウとしてもなかなか蓄積できません。
素直にネイティブに確認し、ネイティブ視点に学ぶことが非常に重要ですね。

K.K  アートディレクター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。