CJ Column

コラム

英文作成する際のコツ ~すべて大文字は良いのか?~

みなさん、想像してみてください。
電話の際に、相手がずっと叫び声で話してくる場面を・・
そんなことをされると、何を言っているのか聞き取り辛いというだけでなく、聞くこと自体が嫌になり、思わず耳から受話器を遠ざけてしまうのではないでしょうか?
これこそまさしく、「大文字だけ」で書かれた英文をネイティブが読んで感じることなのです。

日本人はあまり気にしないので、社名や看板だけでなく、ウェブ上のヘッダーや広告のコピーが一文、丸々大文字で書かれていることも、
そう珍しくはありません。

この「大文字化」に関しては明確なルールがないので、一概には難しいのですが、耳元で話すのは「どうしても強調したいことだけ」
にしてあげると、ネイティブからの評価も上がり、関心を寄せてもらえる英文になると思います。

作り手・書き手が強調したい、伝えたいという意図で「大文字」にしたのに、異なる解釈をされてしまい、読み手に見てもらえなければ、
元も子もありません。

ちなみに、すべて大文字化することを英語では“All caps”と言います。
反対に、文頭だけ大文字にする表現方法を“Cap and Low”と言います。

読み手の視点を持つことは、とても大切なことです。
みなさんも改めて、「誰が読むのか、誰に訴求していきたいのか」を明確にし、
「読み手」を意識して、叫ばずスマートに発信してみませんか?

 

コラム一覧に戻る
シトラスジャパン チラシ・フライヤー デザインサービス

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。