CJ Column

コラム

類似言語のマレー語とインドネシア語~ナシゴレンはナシゴレン?~

アジアの言葉でお互い似ているものとして、マレー語とインドネシア語が挙げられます。
両者ともアルファベットでの表記であることだけでなく、マレー語とインドネシア語で、同じ言葉が使用されている場合もあります。

古くは同じ地域の言葉だったこともあり、方言としての違いが言語の違いとして分類されているようです。
文字の表記については、アラビア文字をベースにした、ジャウィ文字というものが使用されていたようですが、イギリスやオランダの影響を受けて以降は、アルファベット表記で現在に至っています。

 

Google翻訳で試してみると、インドネシア語の nasi goreng ナシゴレンは、マレー語でもnasi goreng でした。


似ているが故の問題もあります。
WebやDTP制作でこれらの言語を扱う際、間違って逆の言語のテキストを流し込んでしまう恐れがあります。
いくつかの言葉が同じ表記であったりすると、インドネシア語なのにマレー語のテキストを流し込んでしまうという可能性もあります。

 

nasi goreng という言葉が含まれているということだけでは、マレー語とインドネシア語は区別できません。
類似していて、一見簡単そうなアジア言語ですが、やはりしっかりとネイティブチェックが必要です。

 

コピペミスは起こりうるヒューマンエラーです。
だからこそ、手を抜かずに、校正は必須だと考えた方がよいのではないでしょうか。

Y.Y  コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。