CJ Column

コラム

多言語翻訳をするときの注意点は?~多言語翻訳展開その1~



訪日外国人の増大を背景として、Webサイトやカタログ等のセールスツールの多言語化のご依頼も増えてきているように感じます。
日本語版サイトをオリジナルとして、英語版を作成していく場合には、英語への翻訳のみ注意すればよかったのですが、
複数言語に翻訳していく場合には、他にも注意することがあります。今回は、その必要とされる注意点をまとめてみました。

翻訳展開する言語が多い場合、英語から各国語へ展開していくことが最も効率的です。
アジア・欧州ともに英語を使用する国が多いため、英語からアジア・欧州言語への翻訳者の数が多く翻訳の結果も比較的安定しています。
特に欧州言語への展開は、言語体系としても英語から翻訳していくことが一般的に推奨されています。

そのため、必ずしも日本語から多言語に翻訳しなければならないと考える必要はありません。
むしろ英語から多言語への翻訳を考えたほうが合理的な場合が多いと言えます。

例えば、日本製の工業製品の輸出では、必ず英語版のマニュアルを制作します。
これは製品の輸出時に必要というだけでなく、英語はグローバルで使用されており、現地でのローカライズは、英語のほうが翻訳者の数も多く翻訳しやすいからと考えられます。

英語版への翻訳は多言語展開する上で、基本となる大事な要素であるといえます。
多言語へ翻訳を始める上では、英語版制作がその後の翻訳の良し悪しを大きく左右していきます。
時間をかけ内容を吟味しなければならない工程です。

 

Y.Y   コーディネーター

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。