CJ Column

コラム

2021年に注目すべき最新の技術ランキング12選~前編~

アメリカはボストンに本社を構える「Lux Research」から、新しい報告書『Foresight 2021:Top Emerging Technologies to Watch(2021年に注目すべき主要技術)』にて、今後10年間で世界に最も大きな影響を与える12の技術が発表されました。同社は、先端技術の事業性の評価や、既存の技術の新たな分野への展開など、技術がもたらす事業機会を客観的な視点で判断するサポートを行っています。

ランキングに挙げられた技術について、わが国でもその技術を使用して事業を展開している企業をピックアップして付け合わせてみました。今後の大きな事業展開ということもあるので、備忘録としてまとめます。

 

前編となる今回は12~7位です!

 

12位 合成生物学

組織、細胞、遺伝子といった生物の構成要素を部品と見なし、それらを組み合わせて生命機能を人工的に設計したり、人工の生物システムを構築したりする学問分野。
取り組んでいる主な国内企業:住友化学、三菱ケミカル、クラレ、DIC、味の素、富士フィルム、他


11位 精密農業

データを活用することで、肥料、薬剤、水、燃料等のコストを最小化し、収量の最大化を目指す営農技術。
取り組んでいる主な国内企業:ヤンマー、井関農機、クボタ、アクティブリンク、NTTドコモ、富士通、他

10位マテリアルインフォマティクス

統計分析などを活用したインフォマティクス(情報学)の手法により、大量のデータから新素材を探索する取り組み。
取り組んでいる主な国内企業:三菱ケミカル、住友化学、旭化成、NEC、富士通、日立、他

9位3Dプリンター

3次元データを元に、樹脂や金属を一層一層少しずつ積層しながら、立体物を印刷。
取り組んでいる主な国内企業:リコー、キーエンス、丸紅情報システムズ、ソディック、フュージョンテクノロジー、丸紅情報システムズ、他


8位代替タンパク質

 動物性タンパク質の代わりに植物性の原料やその他を使って作られたタンパク質。
取り組んでいる主な国内企業:オーサワジャパン、マルコメ、敷島製パン、丸大食品、丸大食品、伊藤ハム、他

7位シェアードモビリティ

個人が所有するのでなく共有(シェア)することを原則とするモビリティ。 カーシェアリング または 自転車シェアリングなどが大枠として当てはまります。
取り組んでいる主な国内企業:トヨタ、JR東日本、小田急、ソフトバンク、NTTドコモ、スマートバリュー、他

 

 

以上です。

 

9位の3Dプリンターや、7位のシェアードモビリティは、意識しなくても情報として入ってきて何となくどういうことなのかは理解できていたのですが、それ以外については、全く聞いたことが無いことや聞いたことがあるけど、どんなことなのか知らないことばかりでした。なお、各技術についての概要を定義しておりますが、あくまで私個人が知りえたものであり国によっては、微妙に違う定義のされ方もされておりますので、ご注意ください!

 

さて、6~1位は次回発表いたします。
お楽しみに!

J.A  プロデューサー

コラム一覧に戻る
シトラスジャパン チラシ・フライヤー デザインサービス

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。