CJ Column

コラム

無料はどこまで?Googleマップの課金範囲

あなたのWebサイトには、Googleマップが使用されていますか?
簡単にサイトに地図が掲載できる便利なサービスで、多くのサイトで見かけられますね。
のGoogle Mapをサイトに掲載する場合に、有料になる利用内容と無料で使える利用内容があるのはご存知でしょうか。

 

Google Mapは、API(API: Application Programming Interface)を使用することで、Google Mapの機能をカスタマイズしてサイトに設置することができます。

 

2018年6月11日、Google MapのAPIを提供しているGoogle Maps APIがGoogle Maps Platformにアップデートされました。それに伴い、料金体系が変更され、APIを利用している場合の無料の範囲は28,500回/月(動的な地図の場合)と大幅に減少しました。改訂前の無料範囲は、「1日あたりの地図の読み込みが25,000回までは無料」ですので、およそ以前の30分の1のアクセスでも有料になることになったのです。

サイトの1ページに地図を表示していたとすると、1日あたりおよそ930回以上アクセスがあると、それ以上は有料になってしまう計算です。大勢のユーザーが訪れていたり、複数ページに地図が掲載されていたりすると、超えてしまいそうな数字ですね。

 

しかし、Google Mapsサイト内から埋め込み用コードを取得してiframeとして埋め込むことで、APIを利用しなくても地図をサイトに掲載することが可能です。この方法ではカスタマイズ性が低く、例えばMapのカラーを変更したり、マーカーを変更したりといった大きな変更は出来ません。それでは、変更できる箇所はないのでしょうか。

検索した結果を取得することが可能ですので、例えば経路を表示することは可能です。

色を変えることはできませんが、地区を表示することも可能です。

特定の種類の複数店舗を表示することもできます。

 

意外と多くの表示が可能ですね。他に、マイマップを共有することでも表示結果を多少編集することができます。
ただ、この表示はあくまで検索の結果などであり、Googleの仕様変更などでいつ変更されるかは分かりません。
サイトに地図を掲載するのに、結果が変更されてしまっては困る場合もあるかと思います。
そういったことを避けるには、新しくなった「Google Maps Platform」を利用するのが良いでしょう。

自分のサイトにはどれを使えば良いのか、判断が付かない場合は是非シトラスジャパンまでお問い合わせ下さい

 

S.I  フロントエンドエンジニア

一覧に戻る

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。