CJ Column

コラム

最近気になるWebデザイン~こんな時こそ海外のサイトを見てみよう! -シンガポール編-~

 

巷ではGo to トラベルキャンペーンが盛り上がり、身近にもGo to トラベルを利用して旅行を楽しでいる人々がちらほら見受けられるようになりました。そんな中、ハワイ州は近く、日本からの旅行者に対して、渡航規制の緩和を認める見通しであるそうです。出発前に新型コロナウイルス検査で陰性結果が出ていれば、隔離措置なしでの渡航を認める見通しとのこと、まだ見通しではあるもののいよいよ海外への渡航も動きが出てきました。

ビジネスでの渡航は、感染状況が落ち着いている国・地域とは、少しずつ往来が再開されているそうで、出張など短期滞在者が対象の「ビジネストラック」はシンガポール、韓国に続き、ベトナムとも開始で合意をしているそうです。

まだまだ、見通しであったり、規制が多くあるので自由に海外へ行ける訳ではありませんが、早くその日が来るのを待ちわびる今日この頃、せめて見るだけでもとの思いで、今回も海外のデザインが素敵なWebサイトを集めてみました。

 

今回は、前回までの北欧シリーズからグッと身近なアジアの国へ。
アジアの中でも今、ファッションや建築、グラフィックデザインなどで世界中から注目を集めている、シンガポールに目をむけてみました。

もともと移民国家だったというシンガポールは、周辺の国々の文化の影響を色濃く受けてきました。さらに、物理的に面積が小さく、資源も限られていたこともあり、建国当初から成長を求めてインターナショナルな国を目指してきたそうです。「シンガポールはナショナルになる前に、インターナショナルになった」といった言い回しもあるそうです。それが、ここ数年、シンガポールらしさを求めるニーズが増えたことにより、インターナショナルな感覚とシンガポールらしさを併せ持つ独自のデザイン性が生まれたことで、世界から注目されるようになったそうです。
そんなシンガポールのWebサイトをいくつかご紹介します。

 

via: https://transform.fleava.com/

 

via: https://www.celavi.com/en/singapore/

 

via: https://www.fontstore.com/

 

via: https://www.lasalle.edu.sg/

 

via: https://www.thewhiterabbit.com.sg/

 

2014年に「ナショナル・デザイン・センター」が誕生し、デザイン振興に力を入れるシンガポール。
メーカーのデザイン部門や国際的なデザイン事務所が、この地にアジア拠点を構えるケースも増えているそうです。人口は約550万人のうち、約3割が外国人国籍というダイバーシティな国だからこそできるデザイン力があるのではないかと思います。これからの時代、さらに注目されるのではないでしょうか。

 

海外のWebサイトも1つの国に絞って見ていくと新たな発見があるような気がします。
皆様が、海外との新しい関係を築いていくことへの参考にしていただければと思います。

 

K.K  アートディレクター

コラム一覧に戻る
シトラスジャパン チラシ・フライヤー デザインサービス

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名 企業名を入力してください
お名前 [必須] お名前を入力してください
メールアドレス [必須] メールアドレスを入力してください
電話番号 電話番号を入力してください
お問い合せ内容 [必須] お問い合わせ内容を入力してください

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて同意してください

ログインをすると、
会員限定記事を全文お読みいただけます。

パスワードを忘れた方へ

  • ログインIDを入力してください。
  • ログインIDを正しく入力してください。
  • パスワードを入力してください。
  • パスワードを正しく入力してください。
  • ログインID、パスワードが間違っています。


ログイン実行中

ログイン完了!ページを再読込します。