英語版ホームページの制作

こんな感じに考えていませんか?

企業様
とりあえず、今のホームページと英語版も同じにしよう。制作は今のところに頼んで・・・翻訳会社はいっぱいあるな。安いところはどこかな?
広告代理店様
社内に英語ができる者がいるからそれで十分だろう。後は制作会社を探せばOKだ!
制作会社様
ホームページ制作は自社でできるから、後は、ネイティブがいる翻訳会社を探そう。

上記のような考えで、失敗された経験がある
企業様、広告代理店様、制作会社様
実は、当社にお問い合わせをいただく
典型的なケースです。

  • 成果が上がらない
  • 現地からクレームが来た

こうした状況になる前に、
ちょっと立ち止まって
考え直してみませんか?

自社ホームページの英語化を
シトラスジャパンに相談する

お問合せ

こんな失敗していませんか?

英語ネイティブの翻訳者に依頼したのに...

伝えたい事をちゃんと英語に反映できていますか?

日本語原稿を「英語ネイティブの翻訳者」に翻訳してもらえば大丈夫だろう、と考えたあなた。
ちょっと待ってください。
日本語は婉曲表現や曖昧な表現が多いので、正しい英文に翻訳しても、読みやすく伝わりやすい文章には絶対になりません。
「翻訳者」は、文章を”翻訳する”ことには長けていますが、本当に伝えるべきことを見抜き、正しく伝わるように文章を“作成する”のは、「ライター」の仕事です。
「英語ネイティブの翻訳者」ではなく、「英語ネイティブのライター」に依頼をしたうえで、そのライターが貴社の言いたいことを正しく理解してこそ、英語ホームページで使える文章ができあがるのです。

海外現地スタッフから
使いにくいと
言われてしまった...

海外と日本のユーザーの考え方や感じ方は違います。

例として、日本と米国のYahoo!を見てください。見た目から何から全く別ものです。
日本人の標準的な好み、慣れ親しんだインターフェイスは、アメリカ人の標準とは全く異なります。この違いを机上の理論だけで理解して実践することはできません。
現地の文化風習、商習慣、標準的な思考や感覚、さらに、マーケティングなどの視点と知識が欠けていると、良いホームページは作れません。
少なくとも、日本的な発想による(日本語ホームページと同じ)、見た目やインターフェイスで良いということにはならないのです。

クレームが来てしまった...

ちょっとした表現の隙が致命傷になることがあります。

日本語には、敬語、ゲン担ぎをする言葉、擬態語、擬音語など、独特な文章や言い回しがたくさんあります。長く日本で生活し、日本語を話せる外国人でも誤解をしてしまいます。
このような日本語を英語にするとき、単に言葉を置き換えるだけでいいのでしょうか?
置き換えただけの英語を基に、デザインを作っていいのでしょうか?
当然、問題になります。作業工程中に本来の意図がこぼれ落ちないように、または英語ネイティブライターが誤解したまま制作が進まないように、「英語ネイティブライター」と「日本人」とで意思疎通しながら、企画・設計・原稿・デザインを進めていくことが重要となります。

日本語ホームページを任せて
いる会社に
頼んでしまった...

海外向けの制作に精通した専門スタッフの関与が必要です。

海外のホームページも参考にしながらデザインをしても、それだけでは良いホームページにはなりません。なぜなら、それはあくまで日本人が考えて作った「それっぽい」ものだからです。
日本語のホームページを作るときを想像してみてください。
まず最初にホームページの目的があり、目的を達成するためのロジックがあり、そのロジックを反映した構造や見た目となるというのは、当たり前の感覚ですよね。
つまり、英語ネイティブの考え方のロジックに基づいた、情報が整理・構成されたホームページの構造であり、見た目であり、ライティングでなければならないということです。

シトラスジャパンが解決します!

ワンストップで
お任せいただけます。
大企業から中堅・中小企業のお客様向けまで、幅広く英語ホームページ制作を手掛けてきたノウハウで、貴社のご要望を汲み取りゼロから企画提案します。企画設計から公開まで、制作の全ての行程をお任せいただけます。
意図を汲んだ
ライティングが得意です。
英語ネイティブスタッフだけでなく、そのネイティブと意思疎通を行えるバイリンガルの日本人スタッフを揃えていますので、伝えるべき意図を汲み取り、翻訳を超えたライティング品質を提供いたします。
真のローカライズを
実現できます。
日本人発想にはない、英語ネイティブの思考や文化背景に基づいた発想と理論で設計し、デザイン、UIを作成します。現地で通用する、満足度が高いホームページを制作いたします。

豊富な経験と実績

0
英語広告制作
40年のノウハウ
0
英語ホームページ制作
350社以上の実績
  1. 藤田観光株式会社様

    コーポレートサイト

    Learn more
  2. 株式会社ユニマットプレシャス様

    ホテルアラマンダ青山 サービスサイト

    Learn more
  3. 株式会社JTB
    グローバルマーケティング&トラベル様

    JTB GMT MICE特設サイト サービスサイト

    Learn more

英語版ホームページ制作 価格例

ランディングページ制作
広告宣伝用1商品の紹介ページの制作
200,000円~
会社ホームページ制作
会社概要を中心とした10ページ程度のホームページ制作
500,000円~
商品・サービス紹介
ホームページ制作
商品詳細情報なども掲載する30ページ程度のホームページ制作
1,000,000円~

ご予算、ご要望に合わせて柔軟に
対応いたします。一度ご相談ください。

お問合せ

以下のフォームにご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

企業名
企業名を入力してください
氏名
お名前を入力してください
メールアドレス
メールアドレスを入力してください
電話番号
電話番号を入力してください
お問合せ内容
お問い合わせ内容を入力してください
個人情報保護方針
個人情報の取扱について
個人情報の取扱について同意してください